および演題提出締め切り日変更2010108日)

 

                     長崎大学水産学部 山口敦子

 

 先のニュースレター・会報でお知らせしたとおり、2年ごとに開催している板鰓類シンポジウムを20101210日に開催します。東京大学海洋研究所が柏市へ移転したことに伴い、今回は会場を変更して、東京大学農学部の弥生講堂・一条ホール(定員300名)で行います。なお、日程については例年と異なり一日のみの開催となりますが、ポスター発表を組み入れ、充実したシンポジウムとなりますように工夫したいと考えております。

 今年度は、「海洋生態系の高次捕食者としてのサメ・エイ類の多様性〜その分類・生態・資源・利用に関する最新の研究成果から〜」というタイトルで板鰓類の多様性に迫り、高次捕食者としての板鰓類が海洋生態系に及ぼす影響についても最新の知見をもとに議論していきたいと思います。講演時間は、希望により115分または20分の持ち時間を予定しております。また、シンポジウム終了後には懇親会(有料)の開催も予定しております。会員の皆様はもちろん、会員以外の多くの方のご参加をお待ちしておりますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

【シンポジウム開催日時】 20101210日(金)終日

【タイトル】 海洋生態系の高次捕食者としてのサメ・エイ類の多様性

〜その分類・生態・資源・利用に関する最新の研究成果から〜

【場所】 東京大学農学部弥生講堂・一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1

【参加費】 無料

【講演(演題)申し込み】

演題提出締め切り:924()・・・108日(金)に第46号会報表記より変更

ポスターまたは口頭発表(15or20分)の希望もお知らせ下さい。なお,発表の形式は演題数により変更していただく場合もあります。どうかご了承下さい。演題と発表者氏名は和文と英文で示し,メールで山口敦子(y-atsuko@nagasaki-u.ac.jp)までお知らせ下さい。

【講演要旨の提出期限】

      講演要旨提出締め切り:1022日(金)

【講演要旨の書き方】

要旨はA4用紙一枚に演題・氏名・所属をそれぞれ和文・英文で示してください。一枚に収まるのであれば図や表を挿入しても構いません。要旨は出来るだけ上記のメールアドレス(y-atsuko@nagasaki-u.ac.jp)に添付ファイルでお送り下さい。郵送でも受け付けます

(〒852-8521 長崎市文教町1-14 長崎大学水産学部 山口敦子 宛)。