国際板鰓類シンポジウム開催
沖縄美ら海水族館

「板鰓類研究の発展、現状と将来展望」というタイトルのシンポジウムが(財)海洋博覧会記念公園管理財団主催、日本魚類学会・板鰓類研究会協賛で2004年9月28-29日に沖縄・万国津梁館サミットホールにおいて開催されました。

シンポジウムの話題提供者として国外から7名:Drs. Jose Castro, Leonard Compagno, 陳哲聡, GregorCailliet, Bernard Seret, Samuel Gruber, Peter Last, 国内から10名:仲谷一宏、手島和之、後藤仁敏、石原元、谷内透、田中彰、山口敦子、矢野和成、内田詮三博士が参加し、その後の一般講演では内田詮三美ら海水族館館長と2名:Drs. Katherine Muzik, Lara Ferry-Grahamが発表を行いました。

詳しくは沖縄美ら海水族館のホームページ
を参照ください。